ちょっと待って!ちびたん[摩訶不思議 食の変化編]

お茶が飲めなくなっちゃった!

妊娠中の食の変化、著しくないですか?

ベリーベリー著しくないですか?

私は妊娠前からあまり喉が乾くことがなく、水分を取り忘れることがめちゃくちゃありました。

実家で暮らしていた時、休みの日だと昨晩の夜飲んだっきり夕方まで水分取るのを忘れていたくらいです。(やばい)

しかし妊娠中は自分だけの体じゃないので、水分を気をつけて取るようにしました。

が!

なんとお茶と水が受け付けなくなっていました。

お水も調子が良ければ飲めるくらい。ウィル〇ンソンなどの無糖の炭酸水も、好きだったのに飲めなくなっていたのです。

代わりに大好物になったのは…

コーラ!

糖分やカフェインのこともあるので、妊娠中は特に飲みすぎてはいけないであろうコーラ。

とにかくコーラが私を癒してくれるのでありました。

そしてお茶は無理でしたが、紅茶は大丈夫でした。アイスストレートティーが急激に好きになり、アイスストレートティーブームは産後8ヶ月経った今でも現在しています。

しかし紅茶もカフェインが心配だったので、コーラも紅茶も飲みすぎないよう、1日ペットボトル1本などと自分の中でルールを決め、制限しながら飲んでいました。

妊娠中に主に飲んでいたのはルイボスティー。ベビー専門店で買ったノンカフェインのミルクティー。たまにコーラorアイスストレートティー。

妊娠期間が進むにつれ、緑茶は飲めるようになってきました。

 

あれもほしいこれもほしい

妊娠中、私は吐くことはありませんでしたが、食べづわりでしょっちゅうお腹が空いては気持ち悪くなってました。

私が妊娠中無償に食べたくなったもの。今も鮮明に思い出せます。

かき氷、たこ焼き、焼肉、ガリ〇リくん、コーラ、フライドポテト、マクド〇ルド(←ここ重要)のホットケーキ、いちご、パン。

ホットケーキは食べたくて食べたくて仕方なくなり家で何枚も焼いてラップに包んで冷凍していました。

ガリ〇リくんはソーダ味が良くて、冷凍庫にいくつもストックしていました。

11月22日のいい夫婦の日にはパパがたこ焼き買ってきてくれたなぁ。ムシャムシャ食べてました。

さらに、私にはもう1つ執着している食べ物がありました。

お母さんのご飯

妊娠中、ずっと考えていました。

結婚をして家を出ていい距離感をたもてているのと、ぐっちゃんのお陰もあり今でこそ仲がいいですが、独身時代はとにかく母と喧嘩ばっかり、仲直りしたと思ったら喧嘩ばっかり、仲が悪かった思い出の方がよく出てくる程でした。

嫌なこともたくさんありましたし、私も酷いことをたくさん言いました。

しかし何故でしょう、

お母さんがお弁当に入れてくれていたウィンナー巻き寿司

お母さんに連れて行ってもらって食べた洋食屋さんのハンバーグ

何かあると食卓に出てきていたちらし寿司

お母さんが私によく分けてくれていたエビフライ

幼少期に食べたものばっかりが頭の中に蘇っていました。

ある日、母に「お母さんが作ったちらし寿司が食べたい」と電話をしました。

すると大皿に3人前ほどこさえてすぐに持ってきてくれたのです。

「旦那くんと食べてね。」

たくさんの絹さやと、フワフワの錦糸玉子、エビが乗ったお母さんのちらし寿司。

久しぶりのお母さんの料理は、それはそれは美味しくて、そして同時にとても懐かしい気持ちにさせてくれたのです。

私も、ぐっちゃんにとっての「お母さんの味」作れるかな。

「母さん、俺母さんが作ったアレ食べたいねん」っていつか言ってくれるかな。

そうだといいな。

 

ちらし寿司は旦那に残すの忘れて3人前 全部1人で食べた。

 

 

つづく