おまけで1歳児連れてディズニーに行こう【りょうちゃんの話】

「1歳児連れてディズニー行ってきた」①〜⑨まで読んでいただいた方ありがとうございます。

いやおまけからやわって方もありがとうございます。

今回は番外編になるんですが、本編には未掲載の、私がずっと忘れられない「りょうちゃん」というバスの運転手さんのお話を描きますね。

※こちらのお話はうろ覚えなのでりょうちゃんのセリフや容姿なども全て曖昧です。雰囲気で読んでいただけると幸いです。

りょうちゃんの話するね

もうなんかこの時点で違う空気感じた。

運転手さんめっちゃ面白そうな人やねん。

一体乗車したら何が待っているのだろうとドキドキしながらバスに乗り込みました。

時間が来て、出発。ミッキーのセリフの後に、運転手さんが自己紹介を始めました。

さっそくお茶目な自己紹介かましてくれたりょうちゃん。チップとデールすきなんやね。

そして次に発した言葉が

 

「これから2週間かけてみなさんをホテルまでご案内致します」

 

ここでりょうちゃんはボケ倒す系運転手だということに気付きます。(ボケ倒す系運転手とは一体)ディズニーでこんなおもしろい出会いがあるとは夢にも思っておりませんでした。

他にも、カーブの時は「どんぐりやハチミツ(ディズニーのキャラの持ち物かな)を落とさないよう気をつけて」と言ったりノリツッコミしたりと普通に声出して笑ってしまうようなトークが繰り広げられました。

「よろしくおねがいしま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜うす」というセリフが私のツボでした。

 

交差点を曲がります。その時りょうちゃんが舞浜名物を案内してくれました。

もっとあったやろ

 

そんなこんなであっという間の数分間、到着前はちゃんと

「あっという間の2週間でしたが…」と言ってくださいました。

時空歪んどるがな。

バスを降りるときには「SNSにりょうちゃんかっこいいってアップしてください」って言われました。最後まで抜かりない。(アップはしていない)

実際に聞いてみるとめちゃくちゃテンポが良くて、中だるみがなく「もっと聞いていたい…!」という気持ちになります。ホテルに着いてからもしばらくパパと思い出し笑いしてました。

この後17時ごろホテルから舞浜駅に戻るときに乗ったバスも運転手がりょうちゃんでハッピーでした。

でも夜 再入園したランドからホテルに戻るときは別の方に変わっていました。

次の日のシーの行き道もりょうちゃんじゃなかった。りょうちゃんの勤務時間がおわったみたいです。りょうちゃん…

私が宿泊したホテルの方なのか、ディズニーの方なのか、バス会社の方なのか不明ですが、移動時間をとても有意義に過ごせました。ありがとうりょうちゃん。

そしてこれからディズニーに行くよって方、もしりょうちゃんのバスに乗る機会がありましたらぜひ楽しんできてください。

 

またね。